「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2017年8月8日火曜日

なぜスズメバチが何度も何度も部屋に侵入してくるのだ!?-8月8日(ハチ・ハチ)に思うこと

(殺虫剤噴霧後、窓ガラスとカーテンのあいだに挟まったスズメバチ 筆者撮影)


今年2017年は、先月7月のことからなのだが、なぜだかわからないが、やたらめったらスズメバチが部屋に侵入してくる「被害」にあっている。

ここで「被害」と書いたのは、あくまでも人間の側からの視点だが、スズメバチのような大型で凶暴な性格をもつハチは、人間だけでなくミツバチにとっても「迷惑」な存在であることは否定できない。

現在の住居は、集合住宅の7階。そんなとこまで飛んでくるとは、スズメバチのパワーには恐るべきべきものがある。なるほど、スズメバチのエキスが、アミノ酸含有飲料としてスポーツドリンクに使用されるわけだ。スズメバチの幼虫である「蜂の子」を食べる人たちもいるわけだ。

冒頭に掲載した写真は、先週のことだが、部屋に侵入してきたスズメバチを殺虫剤で追いやった際のものだ。殺虫剤を噴霧して追いやったら、窓とカーテンのあいだにはさまってもがいていることがベランダ側から見てわかった。それをスマホで撮影したものだ。

殺虫剤といってもスズメバチ専用のものではもちろんなく、家庭で一般的に使用されるキンチョールである。

スズメバチのような大型で凶暴なハチは、叩いたりしたら逆襲してくる可能性があって危険だろう。そう直観的に思ったので、手元にあった殺虫剤を噴霧してみたら、かなり苦しむことがわかった。

初めて実行したのは7月のことだが、ネットで調べてみたら、幸いなことにスズメバチは殺虫剤に弱いことがわかった。中枢神経をやられたら、スズメバチとはいえ、もがき苦しむことになる。

殺虫剤を噴霧してガスの幕ができると、スズメバチがこちらに向かってこないのだ。これもまた、殺虫剤噴霧の利点だ。とにかくスズメバチが向かってくるだけで恐怖だからね。

スズメバチには、侵入はあきらめて退散してもらえばそれでいいのであって、それ以上のことを望んでいるわけではけっしてない。もがき苦しんでいるとはいえ、下手したら刺される恐れがあるし、猛毒をもっているので危険だ。

それにしても、なぜこんなにも何度も何度もスズメバチが部屋のなかに侵入してくるのだ!?

7月が空梅雨で暑かったから成長が早かったからか? それとも巣作りの場所を求めて、部屋のなかに入ってきたのか? それとも、スズメバチの巨大な巣が近所にあるのか??

本日は8月8日。「ハチ・ハチ」の語呂合わせというわけではないが、スズメバチについて書いてみた。 

それにしても、スズメバチは怖い。見るだけでも怖くていやだねえ。ブ~ウ~ウ~ウンという振動音を、すわスズメバチの羽音か!と、幻聴のように聞いてしまうまでになっている。










<ブログ内関連記事>

ミツバチについて考えるのは面白い!-玉川大学農学部のミツバチ科学研究センターの取り組み
・・ミツバチが集団でスズメバチを包囲して高温で蒸し殺すこともあるという。ミツバチも単体だとスズメバチの餌食になってしまうが、集団になるとすごいのだ

ミドリ色のミンミンゼミ-8月上旬のこの時期はまだセミの鳴き声もうっとおしくない

猛暑の夏の自然観察 (1) セミの生態 (2010年8月の記録)

アリの巣をみる-自然観察がすべての出発点!

蓮根(はすね)と書いてレンコンと読む、また楽しからずや-泥土に咲くハスの花、泥土のなかのハスの根
・・蓮の実は蜂の巣のような形状なので、ハチスからハスになったという語源説あり




(2017年5月18日発売の新著です)


(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end